太平洋の見える町から、四季の移り変わりを伝えます。


by hita-17

東日本大震災の映像

3月11日当日の映像はほとんど見ていませんが、

このところ、一年の振り返りでテレビから映像が流れてきます。

その映像が出てくると、チャンネルを変えてしまいます。

当日から3日間停電していたので、実況の映像はほとんど見ていませんでした。

ライフライン(水道・ガス・電気)が止まった生活は、体験しないと分かりません。

何時、通じるのか不安ばかりでした。食料の確保にも苦労しました。

それでも、今は普通に生活できているので良かったです。


しかし、まだ前のように生活できていない人々が大勢います。

これから、どうなるのだろう、何時になったら安心して生活出来るのだろう。

何が安全で、何を信用すれば良いか、はっきりするのでしょうか。

一つ分かったことは、人間の科学の力では計り知れない自然が存在すると言うことでしょう。

この大震災の記憶と記録を未来に生かす道を考えていかなければならないと思います。

2012年が、後世から評価される年になりますように。
by hita-17 | 2011-12-29 19:45 | 日記