人気ブログランキング |

太平洋の見える町から、四季の移り変わりを伝えます。


by hita-17

花見

4月15日「生と死を考える会」の皆さんと、十王パノラマ公園に花見に行きました。

我が家まで、朗読でも一緒のOさんが、車で迎えに来てくれました。

車には、すでに3人の方が乗車していました。

待ち合わせの十王駅まで1時間のゆとりがあります。

通常なら、20~30分で行くのに、余裕を持っているのだろう、くらいにしか考えていませんでした。

ところが、十王駅に行く前に6号国道から横道に入りました。

途中の工場沿いの道には桜があり、ちょうど咲き始めたところでした。

十王川沿いの土手の桜並木に車を止め散歩をしました。

川に映る桜を見るのは初めてで、のどかな春の風景に和みました。

車の中では、80歳近い先輩がコーラスで施設を訪問する話を聞きました。

「いつあちら側(施設に入り聞く側)になるか分からないので練習をしているの」

と笑いながら話される様子に、元気をもらいました。


十王パノラマ公園に着くと、駐車場は満車でした。

役割分担がちゃんとしていて、朝から場所取りをしてくれた人、敷物を用意した人、

食事の買出しの人、飲み物を用意した人や手作りの料理を持参した人など

皆が自分の持分を果たしていました。

パノラマ公園には沢山の種類の桜がありますが、咲き初めた河津桜の下での宴会でした

桜の蜜に誘われて鳥たちも遊びに来ていました。

毎年花見をしていましたが、昨年は震災の影響で出来なかった。

今年は天候に恵まれ、実施できて良かった。

久しぶりに会って地震の時はどうだったなどと近況を話しました。


食事の後は皆で四季の歌やふるさとなど合唱をして、すがすがしくなりました。

4時間余りをゆったりと過ごすことが出来ました。

帰りは、配車をきっちりしてくれ全員無事に帰路に着くことが出来ました。

毎年の行事が出来、皆が無事で居ることがのしあわせを感じました。
by hita-17 | 2012-04-26 06:44 | 日記