太平洋の見える町から、四季の移り変わりを伝えます。


by hita-17

滝川渓谷の撮影

茨城県と福島県の県境の矢祭町に滝川渓谷があります。

ガイドマップには、東北の最南端の秘境とあり、まるで奥入瀬のようです。

説明には、「その名称のとおり全長3kmの遊歩道内に見事な四十八滝が連続し、

渓谷美とさわかな爆音が訪れる人々の心を魅了します」とあります。

約3時間の撮影時間にフィルムで4本、デジカメで約50枚程撮影しました。

新緑が美しく、透明な川の水に映り、水面は薄い黄緑色になります。

前に、紅葉で水面が黄色や赤くなっている写真を見たことがあります。

この様な現象で神秘な色を見せてくれると分かりました。

遊歩道は整備され、所々に展望台や東屋もあります。

それでも、標高差はあるので、坂道や階段を上り下りしての撮影でした。

滝の水はとても綺麗で、途中に「美泉水」という湧き水もありました。

新緑の中での森林浴はとても気持ちの良いものでした。

昼食に「こだわりの十割そば」を食べ、帰路に着きました。
by hita-17 | 2012-05-27 23:07 | 日記