太平洋の見える町から、四季の移り変わりを伝えます。


by hita-17

家庭科研修会

久しぶりに、家庭科の研修会に出席しました。

現在の被服実習は、ミシンで作品を作るまで行かずに、手縫いだけでもいいのではという意見が出ました。

自分でボタンを付けたり、スカートやズボンの裾をまつり縫いできる、程度しか必要ないのではという意見でした。

ミシンの技術を身に付けても、就職に結びつかないし、実際に使うことはない、ということでした。

確かに、洋服を自宅で作る人はほとんでいない現状を考えると、手縫いで必要なことを身に付けさせたいと思います。

今、2年生に基礎の手縫いで並縫いをしていますが、まっすぐに縫えず、針目を2~3㎜といっても、5㎜以上の生徒もいます。

20cm程の長さでも時間がかかっています。これから、まつり縫い、ボタン付け、スナップ付けがあります。

どんな形でも実習した経験があればいつか役立つことがあると信じています。
by hita-17 | 2012-07-31 18:52 | 日記