人気ブログランキング |

太平洋の見える町から、四季の移り変わりを伝えます。


by hita-17

筑波山への道

筑波山京成ホテルで合宿がありました。

日立から高速道路を使い、行くことにしました。

以前行った時は、ナビが無かったので地図で調べて行きました。


今回は、ナビをセットして1時間40分後に着くことを知り安心しました。

ところが、高速道路が震災の復旧工事をしていて、2箇所ほど渋滞しました。

それでも、予定より20分早く高速を降りました。

ナビに沿って順調に行きました。ところが、果樹園の中をとおり突然砂利道になりました。

ナビに映る道はくねくねしていて、登りの傾斜もかなりきつくローにいれての運転です。

もし、対向車が来たらどうすることも出来ません。不安は募ります。20分くらい狭い道を行ってやっと中央線のある道に出ました。


予定より、10分遅れて到着しました。

ホテルのフロントの人に聞くと地元の人でも通らない道で、冬は閉鎖されるとのこと。

帰りは、バスも通る道を教えてもらい、スムーズに安心にて運転しました。

合宿の「講演会」では、私立高校の校長先生の実践報告より、いかに生徒に感想を与えられるかが、

教師の力量に関係する話を聞きました。私も、生徒に感動を与えられるように、研修を積もうと思いました。

分科会で、私学助成の署名運動の話から、市民の視点からの質問もあり活発な議論となりました。


夕方、部屋で休んでいると窓に夕日が映りました。

早速、外に出て、夕焼けを写真に撮りました。

太陽が沈んだ後の空に雲があって、その雲と空が黄金色から紅色まで変化していく様子を写真に取りました。

ほんの20分くらいの出来事でしたが、自然の美しさを感じた時間でした。

西の山際だけでなく、東北の方角の空も夕焼け色です。

西の空を「夕焼け」と言うのに対して東の方を「小焼け」と言うのを思い出しました。

きれいな夕焼けを見て、豊かな気持ちになりました。
by hita-17 | 2012-08-31 11:24 | 日記