太平洋の見える町から、四季の移り変わりを伝えます。


by hita-17

女子会

養護のS先生が、産休代替で、6月中で変わります。

ベテランの先生で、2月からの5か月間でしたが、S先生が保健室にいると思うと、安心して学校生活が送

れました。生徒たちも、頼りにしていました。最初から、前からいたような親しみのある先生です。高校が、

私と同じと知り、益々親しみを感じていました。

S先生は、いつも微笑んで、人と接しています。そして、職員室が離れているのでいつも元気に足早に行動

しています。通勤は自転車で片道20分くらいとのことでした。雨の日に颯爽と自転車で通勤する姿を見たこ

とがあります。服装はフェミニンな優しい感じのものが多く柔らかい感じがする先生です。


女子の先生で、食事会をと先輩のE先生が企画してくれました。期末考査期間で、ランチだったので、事務の人たち一緒で、13人でした。

異口同音に「また機会があったら、学校に来て下さい」と言っていました。

それで、次に女子会をするときにはお誘いすることになりました。

S先生が、「7月からは、毎日が日曜日になるから、何をしようかしら」と話すので、ある先生は、今、産休で休んでいる先生が、次の子供を産むときにもぜひ来てくださいと真面目に頼んでいました。

S先生のように誰とでも接すれば、いいのだと目標の先生が出来ました。
by hita-17 | 2014-06-30 22:57 | 日記